認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいる

認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいるというニュース
サイトマップ

認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいるというニュースについて掘り下げた記事です。

認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいた

まずは、NHKニュースの記事の一部をご覧ください。

 

引用:
NHKは、ことし6月、認知症の診断や治療について、日本認知症学会と日本老年精神医学会に所属する認知症の専門医、1634人を対象にアンケート調査を行い、全体の32%に当たる531人から回答を得ました。

 

この中で、「ほかの施設で認知症とされた患者を診断した結果認知症ではなかったケースがある」と答えた専門医は426人で、回答者の80%。1人で複数の人を診ているケースが多く、認知症ではないのに認知症と診断されていた人は去年1年間に全国で少なくとも3500人余りに上ることが明らかになりました。

 

専門医が改めて診断を行った結果正しい病名などで最も多かったのは「うつ病」が26%、次いで手術のあとなどに意識が混乱する「せん妄」が23%、持病の薬の副作用でもの忘れなど認知症のような症状が出ていたケースが14%、中には、正常と判断された人もいました。
さらに、認知症でない人が治療薬を服用し副作用が出ていたケースがあると回答した専門医はおよそ35%で、中には、食欲が低下したり、怒りっぽくなったりした人もいたということです。

 

以上。

 

今回は、この記事の赤線部分、「認知症でない人が治療薬を服用し副作用が出ていた」という部分に着目してみたいと思いますが、まずは、認知症には種類があるということからご説明します。

 

認知症の種類について

認知症といっても、種類があります。

  • アルツハイマー型認知症
  • 前頭側頭葉変性症
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症
  • アルツハイマーと脳血管性の混合型

このような種類があり、それらに適応した認知症治療薬を服用することで症状を抑えることが可能になりますが、問題は、タイトルのとおり医師が誤診をしてしまうこともあるという点です。

 

これにより、認知症治療薬の重篤な副作用をもたらすケースもありますので、十分な注意が必要です。

 

認知症の治療薬について

上記の「認知症でない人が治療薬を服用し副作用が出ていた」という赤線を引いた部分の治療薬ですが、認知症治療薬にはどのような薬があるのかご存知でしょうか。

 

現在は、日本では、以下の4種類の認知症治療薬が承認されています。

  1. アリセプト(エーザイ)
  2. レミニール(武田薬品)
  3. ノバルティスファーマが「イクセロンパッチ」、小野薬品が「リバスタッチパッチ」という製品名を使用
  4. メマリー(第一三共株式会社)

1999年にエーザイが「アリセプト」という商品を発売したのが最初です。
2011年には、後発薬として、30社からアルツハイマー型認知症治療薬「塩酸ドネペジル」」が発売。
そして同年に、武田薬品からレミニール(一般名・ガランタミン臭化水素酸塩)、イクセロンとリバスタッチ(ともに一般名・リバスチグミン)、メマリー(一般名・塩酸メマンチン)が発売されています。

 

アリセプトについては、当初、軽度及び中等度アルツハイマー型痴呆(認知症)を適応症として承認され、その後、2007年8月に「高度アルツハイマー型認知症」の適応症追加承認。そして、2014年9月にレビー小体型認知症について適応が追加されています。

 

やはり薬ですので、副作用もありますので、ご覧ください。

 

アリセプトの副作用について

アリセプトは、以下のような副作用があります。

 

軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症

承認時までの臨床試験において、総症例457例中、48例(10.5%)の副作用が報告されている。また、98例(21.4%)の臨床検査値異常変動が報告されている。(承認時)、使用成績調査において、総症例3,240例中、346例(10.7%)の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が報告されている。(再審査終了時)

 

高度のアルツハイマー型認知症

承認時までの臨床試験において、総症例386例中、171例(44.3%)の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が報告されている。(承認時)

 

レビー小体型認知症

承認時までの臨床試験において、総症例346例中、169例(48.8%)の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が報告されている。(承認時)
重大な副作用として、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック、失神、心筋梗塞、心不全、消化性潰瘍、十二指腸潰瘍穿孔、消化管出血、肝炎、肝機能障害、黄疸 、脳性発作、脳出血、脳血管障害、錐体外路障害(アルツハイマー型認知症:0.1~1%未満、レビー小体型認知症:9.5%)、悪性症候群(Syndrome malin)、横紋筋融解症、呼吸困難、急性膵炎、急性腎不全、原因不明の突然死、血小板減少がある。

 

 

アリセプトの場合、軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症については、副作用は確率的には少ないですが、レビー小体型認知症ともなると、かなりの確率で副作用が出るというのがわかります。

 

次は、他の薬の副作用です。

リバスタッチパッチ(会社名:小野薬品)の副作用

国内臨床試験において安全性解析の対象となった858例中720例(83.9%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は、適用部位紅斑370例(43.1%)、適用部位そう痒感345例(40.2%)、接触性皮膚炎249例(29.0%)、適用部位浮腫119例(13.9%)、嘔吐77例(9.0%)、悪心75例(8.7%)、適用部位皮膚剥脱52例(6.1%)及び食欲不振48例(5.6%)であった(承認時までの集計)。

 

レミニール(武田薬品)の副作用

軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象に実施した国内臨床試験における安全性評価対象症例 744 例中 431 例(57.9%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。主なものは、悪心 111 例(14.9%)、嘔吐 92 例(12.4%)、食欲不振62 例(8.3%)、下痢 46 例(6.2%)、食欲減退 40 例(5.4%)、頭痛 34 例(4.6%)であった。(承認時)

 

メマリー(第一三共株式会社)の副作用

国内におけるメマリー錠承認時までの臨床試験において、1,115例中408例(36.6%)に副作用が認められた。主な副作用は、めまい4.7%(52例)、便秘3.1%(35例)、体重減少2.2%(24例)、頭痛2.1%(23例)等であった。‌ 〔承認時〕

 

やはり、どの認知症治療薬も、かなりの確率で副作用が出るということを承知しておかなければなりません。
次は、「患者と家族を苦しめる過剰処方」についてです。

患者と家族を苦しめる過剰処方

FACTAの記事をご覧いただくとわかりますが、それによると、認知症治療の第一人者であり、認知症治療の駆け込み寺とも呼ばれる河野氏は次のように述べています。

 

「私の経験では、アリセプトを処方して症状が悪化するのは過剰投与による副作用です。たとえば怒りっぽい症状が出ているアルツハイマーやピック病の患者にアリセプトだけを処方すると、興奮して手がつけられないほど暴れることがよくある。これは介護者の苦労を考えていない処方です」
また、レビー小体型で、ひじの関節がスムーズに動かない「歯車現象」のある患者に、アリセプトだけを処方すると歩けなくなるという。

 

「認知症の治療は、本来なら患者の症状を診て、薬の種類や処方量を細かく調整する必要があります。それは認知症の世界が極めて特殊だからです。その特殊さを理解している医師でないと、逆に医療機関にかかればかかるほど認知症が悪化していくことになりかねない」

 

「このほか、精神科医に多いのが、妄想のあるレビー患者に統合失調症の治療薬リスパダールを処方すること。これは歩行障害、寝たきり、嚥下障害につながる可能性が大きい。また認知症なのに、うつ病と誤診し、抗うつ剤を処方すると、認知症が悪化する危険性があります。中でも最悪なのは神経内科の“パニック処方”です。誤診と誤投薬で症状が悪化した患者に対し、医師がどうしていいか分からず、どんどん薬を増やしていくケースで、患者と家族は重篤な副作用に苦しめられます」

 

この記事を読めば、「過剰投与ならば少なくすればいいのでは・・・」と誰でもが思うことです。
ところが、金銭がからんでくるため一筋縄にはいかない問題がでてきます。
というのも、アリセプトの用法には、以下のような増量規定があるので用法どおりに医師は使用を勧めないと、レセプト請求をしても保険者から薬代の支払いが受けられなくなり、その分は医療機関が負担することになってしまうのです。そのため過剰投与の問題がでているというわけです。

アリセプトの用法・用量

アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
通常、成人にはドネペジル塩酸塩として 1 日 1 回3 mgから開始し、 1 ~ 2 週間後に 5 mgに増量し、経口投与する。高度のアルツハイマー型認知症患者には、5 mgで 4 週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により適宜減量する。

 

レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制
通常、成人にはドネペジル塩酸塩として 1 日 1 回3 mgから開始し、 1 ~ 2 週間後に 5 mgに増量し、経口投与する。 5 mgで 4 週間以上経過後、10mgに増量する。なお、症状により 5 mgまで減量できる。

 

〈用法・用量に関連する使用上の注意〉
1. 3 mg/日投与は有効用量ではなく、消化器系副作用の発現を抑える目的なので、原則として 1 ~ 2 週間を超えて使用しないこと。
2. 10mg/日に増量する場合は、消化器系副作用に注しながら投与すること。
3. 医療従事者、家族などの管理のもとで投与すること。

まとめ

認知症でないのに認知症と診断が1年間に3500人余りいるということが、NHKの記事でわかりました。
いままでこのようなことは世間に知られていないため、過去には相当数の方が誤診を受け、薬の副作用に悩まされてきたと考えられます。
また、薬の過剰投与により、重篤な副作用もあらわれ、患者と家族を苦しめるという問題点があります。

 

やはり、認知症と診断されても、「認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいる」ということが物語っているとおり、他の病気同様に専門医のセカンドオピニオンを受ける必要があるといえます。

 

以上「認知症でないのに認知症と診断が3500人余りもいる」についての記事でした。

 

〈PR〉
月間40万人以上が利用している、介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブ

 

関連ページ

ケアプランが有料化される?
ケアプランの有料化についての記事
介護サービス費の負担軽減制度
平成27年8月から介護サービス費の負担軽減制度が厳格化
介護保険改正・2割負担
平成27年8月からの介護保険改正で自己負担が2割に該当される方もでてきました