認知症の症状と種類について解説

 

認知症とはどういうもの

認知症とは、「脳・神経系のなんらかの疾患によって記憶をはじめとする知的な機能が損なわれ、それが永続する状態」と定義づけられています。

 

認知症の症状について

認知症の症状は2つに大別されています。

 

中核症状

脳の神経系の疾患が直接影響して起こる症状で代表的なものに、記憶障害(直前に起きたことも忘れる)・見当識障害(いつ・どこがわからなくなる)・判断の障害・言葉や数の障害などがあります。

 

周辺症状

認知症のある人に、身体的な要因や心理・社会的な要因が影響して起こる症状で、代表的なものに以下のものがあります。

  • 意欲の障害
  • 不穏(警戒心が強く、興奮したり、大きな声で叫んだり、暴力を振るったりしやすい状態)
  • せん妄:高齢者ではしばしばみられる急性の脳機能障害で、代表的な症状は、落ち着きのなさ、幻覚、見当識障害、昼夜逆転、暴力などの異常行動や異常体験など
  • 徘徊
  • 弄便(排泄物をもてあそぶこと)
  • 収集癖
  • 攻撃性(抵抗)

認知症の種類

認知症の種類には、以下のような種類があります。

アルツハイマー型認知症

脳の全般的な萎縮により起こり、見当識障害・失語・失行・失認・妄想・幻覚等が起こる

脳血管性認知症

脳梗塞・多発性脳梗塞・脳出血などにより起こり、まだら的、判断力障害、感情失禁、うつ状態、夜間せん妄などがみられる

ピック病(前頭葉側頭型認知症)

脳の前頭葉や側頭葉に限局的萎縮が起こり、人格障害や反社会的行動、失語症がみられる

レピー小体型認知症

脳神経細胞が減少することにより起き、幻覚や幻視が起こりやすい。進行すると歩行障害や姿勢反射異常、無道、筋固縮などのパーキンソン症状が起こる

 

認知症の治療について

認知症を完全に治すことは今のところできません。
できるのは、進行を遅らせるということです。

 

遅らせるために行っている主な治療は薬物とリハビリになります。

 

認知症のリハビリ

認知症のリハビリは、以下のようなことを行っています。

  • 字を書く
  • 字を読む
  • 簡単な計算をする
  • 回想法:アメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法です。認知症の方でも直前のことは忘れてしまっても、昔のことはよく覚えています。そこで過去の懐かしい昔話を聞いてあげることにより、脳が刺激され、精神状態を安定させる効果があります。
  • 音楽療法(音楽を聴いたり、歌う、楽器を演奏するなどの療法)
  • 美術療法:絵画や折り紙、粘土細工などの制作療法
  • アニマルセラピー:動物と触れ合う療法
  • タッチセラピー:肌に触れる療法
  • アロマセラピー:植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使用する療法
  • ユマニチュード:フランスのイヴ・ジネスト氏によって開発された新しい方法です。「見る、話しかける、触れる、立つ」が基本的なものになります。

 

以上、「認知症の症状と種類について」でした。

 

該当カテゴリー:高齢者
関連カテゴリー:介護保険の基礎介護施設