認知症ケア専門士

このページでは、認知症ケア専門士という資格の概要と試験やテキストについて解説しています。

認知症ケア専門士という資格

認知症ケア専門士とはどういう資格なの?

認知症ケア専門士とは、日本認知症ケア学会が認定をする民間資格で、認知症介護従事者の自己研鑚や生涯学習の機会提供を目的に設けられた資格なんだよ。

受験資格について

誰でも受験できるのかしら?

いいや。受験できる人は、認知症ケアに関連する施設や団体機関で実務経験がある人なんだ。
しかもその年に行われる試験の3月31日時点からさかのぼって過去10年間に3年間以上認知症ケアの実務経験が必要なのさ。

ボランティア活動でも実務経験に入るの?

ボランティア活動や実習等は実務経験に入らないよ。

資格の更新制について

なるほど。では、1度試験に合格してしまえば、資格は永久に使えるの?

そんなに甘くはないさ。その点は、やはり更新制になっていて、日本認知科学会が主催する講座や他の認定団体が主催する講座に参加する必要があるし、しかも5年間で30単位以上の受講が必要なのさ。

認知ケア専門士の合否判定について

平均すると年間で6単位以上受講しないといけないっていうわけね。
ところでさ、試験内容と合否の判定はどうなっているの?

まず、全体の流れとしては、試験は1次試験と2次試験があって、1次試験に合格して初めて2次試験が受験できるという流れなんだ。

 

それで1次試験というのは、筆記試験で4つの分野があるよ。

  1. 認知症ケアの基礎
  2. 認知症ケアの実際I:総論
  3. 認知症ケアの実際II:各論
  4. 認知症ケアにおける社会資源

 

4分野全部合格する必要があるのだけど、一度に全部合格する必要はないんだ。
合格した分野は合格年より5年間持ち越しができるのでそれまでに全部合格すればOKというわけ。各分野の合格有効期限は5年間という点に注意が必要だよ。

 

それで、試験内容だけど、マーク式五捨択一になっていて、各分野50問あり合計200問。合格するには4分野すべてにおいて70%以上の正答率が必要というわけさ。

逆に考えると5年間持ち越しができるというのは、それだけ試験が難しいということなのね。
で、2次試験はどういう内容なの?

2次試験は、論述試験になっていて事例問題2題に対して回答するんだ。
その事例というのは1次試験合格発表後に送付されるので、それを受験申請書類に同封して送付すればOK。
あとは6人1グループの面接試験で20分間のグループディスカッションをやって終了。

各地で行われる試験会場について

なるほどね。それで2017年の試験会場はどこなの?

今年は、札幌,仙台,東京,名古屋,京都,小倉(福岡)が予定地となっているよ。

どこを選択してもいいの?

そう。希望のところを1ヶ所ね。でもたくさんの応募があると希望地で受験できないこともあるようだね。

受験料と認知症ケア標準テキストについて

受験料はおいくら?

受験料は、1教科あたり3,000円なので4教科で12,000円。
ちなみに出題範囲は、下記にあるような認知症ケア標準テキストというの第1巻~4巻あってそれに準じた内容となているんだ。認知症ケア事例集は第2次試験(面接)受験の参考となる書籍だよ。

 

受験の申し込み方法について

で、わたしも受験資格があるから申し込みしてみようと思うんだけど、申込書はどうして入手すればいいの?

申込書については「受験の手引」というのがあって、受験者1人につき1部必要。これは日本認知科ケア学会に用意されているから電話かFAX,、またはインターネットから申し込みします。
でもこの手引は無料じゃなくて1,000円の料金がかかります。

申込書は無料じゃないんだね。必ず受験の手引がないとだめなの?

そう。必ずこの手引がないと申し込みはできないことになっているんだ。他人のものをコピーして使ってもダメだよ。

了解。ところで、実務経験3年以上って証明書が必要なの?

そのとおり。証明書が必要なので、手引にある認知症ケア実務経験証明書[様式2]を自身で現在の所属機関や過去の所属機関に依頼して作成してもらう必要があるんだ。
複数の所属機関に証明してもらう場合は、それをコピーして使用そればOKさ。

提出が必要な書類

他に必要な書類はなにがあるの?

他には、第1次試験の新規申込の場合は、手引にあるけど、第○回認知症ケア専門士認定試験受験申請書(第1次試験)、認知症ケア実務経験証明書、作成した申請書類のコピー(副2部)を専用封筒にて簡易書留で郵送することになっているよ。つまりは、原本とコピー2部合わせて3部必要ということ。

 

認知症ケア専門士の詳細はこちらをご覧ください。

 

該当カテゴリー:高齢者
関連カテゴリー:介護保険の基礎介護施設