要支援認定とはどういう状態をいうの?

要支援の判定方法や介護保険で利用できる限度額について解説したページです
サイトマップ

このページでは、介護認定の区分についてと介護認定される状態の目安について解説しています。

 

要支援の認定について

介護の認定は、いくつか区分があるんでしょ。

そのとおり。介護認定には要支援と要介護というようにまず2つに分けられるんだ。
そして、要支援は、要支援1と要支援2があって、要介護は、1~5まで分けて認定されているんだよ。だから全部で7つに区分されているというわけさ。

どんな状態だと要支援に認定されるの?

おおまかな目安だけど、下記の表にあるように、要支援1は、排泄や食事は、ほとんど自分でできるけど、掃除など身の回りの世話の一部に手助けが必要という状態。要支援2は、要支援1にくわえて、病気や怪我により心身の状態が安定していない状態。要介護1の状態ではあるんだけど、介護サービスを利用すれば改善が見込まれる方が該当というようになっているんだよ。

 

区分

状態(おおまかな目安)

要支援1 介護は必要ないものの生活の一部に支援が必要な状態。介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる。排泄や食事は、ほとんど自分でできる。
要支援2 要介護1と同様の状態ではあるものの、介護サービスを適応に利用すれば心身の機能の改善が見込まれる状態。病気や怪我により、心身の状態が安定していない
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的な介助が必要な状態;

 

 

 

要支援・要介護の判定について

介護の判定がされるまでには一次判定と二次判定がありますが、一次判定では、基本調査67項目の結果を元にデータ化が行われ、「要介護認定等基準時間」として表されます。

 

この基準時間が要介護判定に大きく関わってくるというわけです。
基準時間とは、介護にかかる手間の時間のことをいい、手間が多くかかるほど介護度が重くなるようになっています。
つまりは、病気の種類や障害の重さとは異なっているのです。

 

では、どのような項目から手間を算出するのか、それが下の表になります。

区分

要介護認定基準時間

非該当 上記5項目の要介護認定基準時間の合計が25分未満;
要支援1 同25分以上32分未満
要支援2・要介護1 同32分以上50分未満
要介護2 同50分以上70分未満
要介護3 同70分以上90分未満
要介護4 同90分以上110分未満
要介護5 同110分以上

 

※ 要支援2と要介護1は同じ基準時間ですが、以下の2項目に該当しない場合は要支援2になります。

 

  • 認知症が中等度以上
  • 病状が不安定であることなど

この結果と主治医の意見書、認定調査の特記事項を加味して介護認定審査会によって最終的な判定(二次判定)行われ結果が出されます。

介護保険の利用限度額について

要支援でも介護保険サービスを利用できますが、要介護と同様に「区分支給限度基準額」というのがあり、上限額(月ごと)が設定されています。2014年改正の区分支給限度額です。

区分

区分支給限度額

1単位10円としての計算

自己負担額

要支援1

5,003単位

50,030円

5,030円

要支援2

10,473単位

104,730円

10,473円

要介護1

16,692単位

166,920円

16,692円

要介護2

19,616単位

196,160円

19,616円

要介護3

26,931単位

269,3100円

26,931円

要介護4

30,806単位

308,060円

30,806円

要介護5

36,065単位

360,650円

36,065円

 

※ 1単位は10円が原則ですが、地域やサービスの種類によって11.26円から10円の範囲となります。東京23区は11.40円(2015年4月から)です。
※上記の単位を超えた分は保険給付とならないので、全額自己負担になります。

 

要支援の方が利用できるサービス

要支援に認定されても、介護保険サービスならなんでも利用できるわけではありません。

 

サービス名に「介護予防」という冠がついたものだけが利用できます。
介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴、介護予防通所介護(デイサービス)など。

 

要支援の方が利用できないサービス

以下のサービスは要支援では利用できません。

 

すべての施設サービス

  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

 

地域密着型サービスのうち次のサービス

  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
  •  

    該当カテゴリー:介護保険の基礎
    関連カテゴリー:介護施設高齢者

 

関連ページ

介護保険制度のはじまり
介護保険制度のはじまりから目的、問題点、高齢化率の推移などについて解説しています
介護保険制度の仕組み
介護保険制度の仕組みを図解していますので財源構成やお金の流れがよくわかります
介護保険料の仕組み
介護保険料はどのような仕組みになっているのかがこのページで理解できます
介護保険料の計算
介護保険料の計算はどのようにして算出するのか。また公務員、サラリーマン、自営業で介護保険料はどのくらい違うのか比較してみました
要介護度によって利用できる限度額(区分支給限度額)があります
介護保険には利用できる金額に限度があります。要支援1~要介護5までそれぞれ設定されています
介護保険サービスの種類
介護保険サービスにはどのよのうな種類があり、どういうサービスをおこなっているのか徹底解説しているまとめページです
介護保険対象外サービス
介護保険の対象にならないサービスにはどういうものがあるのか説明しています。対象外ですから全額自己負担になります。
介護保険の特定疾病とは
第2号被保険者(40歳から64歳)の方は、特定疾病で要介護認定されないと介護保険を利用することができません。ではどのような病気が該当するのか、どのようにして認定を受ければいいのかについて取りあげています
高額介護サービス費とは
高額介護サービス費とは、介護サービスを利用して支払いをした分を所得によって限度額を決めているものです。この限度額を超えた分が払い戻される制度です。その仕組みや手続きについて解説します
介護ベッドのレンタル料金
介護ベッドも介護保険を使ってレンタルができます。費用は1割負担ですが、料金はいくらなのか調べてみました
65歳以上の介護保険料
介護保険料は40歳から64歳までと65歳以上では保険料計算方法が違っています
介護保険制度のまとめ
介護保険制度の仕組みや相談窓口、介護認定、被保険者について、介護の原因などについて解説しています
介護の自己負担
介護保険の自己負担額について解説したページです
介護予防と原因
要介護の原因にはどのようなものがあるのかベスト5を掲載し、介護予防の取り組みと方法についても掲載しています
介護資格の種類
介護資格の種類もいろいろあります。以前あったホームヘルパー2級というのは廃止され介護職員初任者研修になっていますが、介護資格は他にどのようなものがあるのかについて解説しています
居宅介護支援費や特定事業所加算
2015年改正の居宅介護支援費、特定事業所加算・減算について解説しています
地域包括ケアシステムとは
地域包括ケアシステムの規定や推進重要ポイント、2025年問題などについて解説しています
介護サービスの地域区分
介護サービスを利用するにあたり、料金はどうやって決まるのか、地域によってどう違うのかということが確認できます
高額介護合算制度とはなんですか
介護保険では自己負担を軽減する目的で、平成20年4月から高額医療・高額介護合算制度が設けらました。このことについて解説します
特定入所者介護サービス費とは
所得の低い人に居住費と食費については軽減策があります。これを特定入所者介護サービス費といいますが、このサービスについて掘り下げて解説しています。
介護保険料の推移
介護給付費と介護保険料の推移について解説したページです。介護保険が2000年に始まってから、介護給付費や介護保険料はどのように推移してきたのか表とグラフにしてみました
2015年介護報酬改定
このページで2015年の介護報酬改正でどういうサービスが上がったのか、または下がったのか大枠がつかめます。また今後特別養護老人ホームの経営がどう変化していくのかについての知識も得られます
介護保険料の免除はあるの?減額・軽減についても解説
介護保険料の免除はあるのでしょうか。また減免や軽減はあるのか。
区分支給限度の対象外費用
介護保険の区分支給限度基準額に含まれない費用、適用されないサービスについて解説
平成29年介護職員処遇改善加算について解説しています
平成29年改正によるの介護職員処遇改善加算について解説しています
福祉用具専門相談員とは
福祉用具専門相談員について解説
福祉用具プランナーとは
福祉用具プランナーの資格について
介護ベッドのレンタル
介護保険を使って介護ベッドをレンタルした場合の流れについて解説
ホームヘルプサービスとは
車いすのレンタル
介護保険を利用して車いすをレンタルすることができます。その方法や料金について解説します
介護保険2割負担の対象者とは?合計所得の計算方法はどうやるの?
介護サービスを利用した場合の自己負担割合は一律1割でしたが、平成27年8月から合計所得によって2割負担となる人もでてきました。その対象者の判定について解説します