2015年介護サービスの地域区分を掲載!

介護サービスを利用するにあたり、料金はどうやって決まるのか、地域によってどう違うのかということが確認できます
サイトマップ

介護報酬の概要と全国1級地から7級地まで指定している地域区分について掲載したページです。

2015年の地域区分改定について

介護保険サービスを利用するにあたって、支払う料金は1割ですが、地域によって計算が違うという点について解説しています。

 

介護サービスの料金は、各介護サービス事業所でそれぞれが決めているわけではありません。介護サービスの料金は、介護報酬を基として計算されています。

 

そして介護報酬は、厚生労働省が社会保障審議会の意見を聴いて定めているものです。

 

介護報酬は3年に一度の改正が原則となっています。
今年2015年は改正年にあたり、実際2015年(平成27年)4月に改正になりましたので、ここでは地域割増区分や級地区分については最新版を掲載しています。

 

 

 

介護報酬とは

介護報酬とは、介護保険から介護サービスの提供者に支払われる報酬のことです。
介護サービスを受けた時の料金は、介護報酬を基に計算され、介護保険から9割がサービス提供業者に支払われ、残り1割は介護サービスを受けた方が支払うということになります。

 

ただし介護報酬の値は、「円」ではなく「単位」という値を使用しています。

 

1単位=10円を基本としていますが、都市部や人件費を考慮してサービスの種類と地域区分という枠が設定されていますので割増となっている地域があります。

 

ですから、同じ介護サービスを受けても利用される地域によって支払う料金が違うということを意味しています。

 

介護報酬の例

まずは介護報酬の例からご覧ください。

2015年4月改正

訪問介護・身体介護

訪問看護(指定訪問看護ステーションの場合)

20分未満 165単位 20分未満 310単位
20分以上30分未満 245単位 30分未満 463単
30分以上1時間未満 388単位 30分以上1時間未満 814単位

 

訪問看護ステーションから20分未満の訪問看護を受けた場合は、310単位×10円=3,100円の介護報酬になるということです。ただしこの金額は自己負担額ではありません。このうち1割が自己負担額になります。計算については下記の項目をご覧ください。

 

介護報酬の地域割増(加算)区分について

2015年4月から

サービスの種類

1級地

2級地

3級地

4級地

5級地

6級地

7級地

その他

訪問介護・居宅介護支援・訪問看護・定期巡回随時対応型訪問介護看護など 11.40円 11.12円

11.05円

10.84円

10.70円

10.42円

10.21円

10円

通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・認知症対応型通所介護・小規模多機能型居宅介護・複合型サービス 11.10円  10.88円   

10.83円

10.66円

10.55円  

10.33円

10.17円

10円

通所介護・短期入所生活介護・短期入所療養介護・特定施設入居者生活介護・介護老人福祉施設・介護老人福祉施設・グループホーム・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護など 10.90円  10.72円 

10.68円    

10.54円

10.45円

10.27円

10.14円

10円

福祉用具・居宅療養管理指導

10円

 

介護報酬の級地区分について

2015年4月改定表

 

地域区分はサービスを利用する利用者の住所地ではなく、サービスを提供する事業所の所在地で判断します。たとえば2級地に住む人が3級地にある事業所の介護サービスを受けた場合の費用は3級地の地域単価を用います。

地域区分

上乗せ分

地域

1級地

20%

東京都 23区

2級地

16%

東京都 狛江市、多摩市

2級地

16%

神奈川県 横浜市、川崎市

2級地

16%

大阪府 大阪市

3級地

15%

東京都 八王子市、武蔵野市、府中市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、国分寺市、稲城市、西東京市

3級地

15%

千葉県 千葉市

3級地

15%

神奈川県 鎌倉市

3級地

15%

愛知県 名古屋市

3級地

15%

大阪府 守口市、大東市、門真市、四條畷市

3級地

15%

兵庫県 西宮市、芦屋市、宝塚市

4級地

12%

東京都 立川市、昭島市、東村山市、国立市、東大和市

4級地

12%

千葉県 船橋市、浦安市

4級地

12%

神奈川県 相模原市、藤沢市、厚木市

4級地

12%

大阪府 豊中市、池田市、吹田市、高槻市、寝屋川市、箕面市

4級地

12%

兵庫県 神戸市

5級地

10%

茨城県 龍ケ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市

5級地

10%

埼玉県 朝霞市、志木市、和光市、新座市

5級地

10%

千葉県 成田市、佐倉市、習志野市、市原市、四街道市

5級地

10%

東京都 三鷹市、青梅市、清瀬市、東久留米市、あきる野市、日の出町

5級地

10%

神奈川県 横須賀市、平塚市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、大和市、伊勢原市、座間市、寒川町

5級地

10%

滋賀県 大津市、草津市

5級地

10%

京都府 京都市

5級地

10%

大阪府 堺市、枚方市、茨木市、八尾市、松原市、摂津市、高石市、東大阪市、交野市

5級地

10%

兵庫県 尼崎市、伊丹市、川西市、三田市

5級地

10%

広島県 広島市、府中町

5級地

10%

福岡県 福岡市

6級地

6%

宮城県 仙台市

6級地

6%

茨城県 水戸市、日立市、土浦市、古河市、利根町

6級地

6%

栃木県 宇都宮市、下野市、野木町

6級地

6%

群馬県 高崎市

6級地

6%

埼玉県 川越市、川口市、行田市、所沢市、加須市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、伊奈町、三芳町、宮代町、杉戸町、松伏町

6級地

6%

千葉県 市川市、松戸市、柏市、八千代市、袖ヶ浦市、酒々井市、栄町

6級地

6%

東京都 福生市、武蔵村山市、羽村市、西多摩郡奥多摩町

6級地

6%

神奈川県 三浦市、秦野市、海老名市、綾瀬市、葉山町、大磯町、二宮町、愛川町、清川村

6級地

6%

岐阜県 岐阜市

6級地

6%

静岡県 静岡市

6級地

6%

愛知県 岡崎市、春日井市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、稲沢市、知立市、愛西市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、大治町、蟹江町

6級地

6%

三重県 津市、四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市

6級地

6%

滋賀県 彦根市、守山市、栗東市、甲賀市

6級地

6%

京都府 宇治市、亀岡市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、精華町

6級地

6%

大阪府 岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、和泉市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市、泉南市、大阪狭山市、阪南市、島本町、豊能町、能勢町、忠岡町、熊取町、田尻町

6級地

6%

兵庫県 明石市、猪名川町

6級地

6%

奈良県 奈良市、大和高田市、大和郡山市、生駒市

6級地

6%

和歌山県 和歌山市、橋下市

6級地

6%

広島県 府中町

6級地

6%

福岡県 春日市、大野城市、太宰府市、福津市、糸島市、那珂川町、粕屋町

7級地

3%

北海道 札幌市

7級地

3%

茨城県 結城市、下妻市、常総市、笠間市、ひたちなか市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、つくばみらい市、大洗町、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町

7級地

3%

栃木県 栃木市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、さくら市、壬生町

7級地

3%

群馬県 前橋市、伊勢崎市、太田市、渋川市、玉村町

7級地

3%

埼玉県 木更津市、野田市、茂原市、東金市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市、君津市、八街市、印西市、白井市、山武市、大網白里市、長柄町、長南町

7級地

3%

東京都 西多摩郡瑞穂町、西多摩郡檜原村

7級地

3%

神奈川県 箱根町

7級地

3%

新潟県 新潟市

7級地

3%

富山県 富山市

7級地

3%

石川県 金沢市

7級地

3%

福井県 福井市

7級地

3%

山梨県 甲府市

7級地

3%

長野県 長野市、松本市、塩尻市

7級地

3%

岐阜県 大垣市

7級地

3%

静岡県 浜松市、沼津市、三島市、富士宮市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、裾野市、函南町、清水町、長泉町、小山町、川根本町、森町

7級地

3%

愛知県 豊橋市、一宮市、瀬戸市、半田市、豊川市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、新城市、東海市、大府市、知多市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、清須市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、飛島村、阿久比町、東浦町、幸田町

7級地

3%

三重県 名張市、いなべ市、伊賀市、基礎岬町、東員町、朝日町、川越町

7級地

3%

滋賀県 長浜市、野洲市、湖南市、東近江市

7級地

3%

京都府 城陽市、大山崎町、久御山町

7級地

3%

大阪府 岬町、太子町、河南町、千早赤阪村

7級地

3%

兵庫県 姫路市、加古川市、三木市、高砂市、稲美町、播磨町

7級地

3%

奈良県 天理市、橿原市、桜井市、御所市、香芝市、葛城市、宇陀市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、曽爾村、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町

7級地

3%

岡山県 岡山市

7級地

3%

広島県 東広島市、廿日市市、海田町、坂町

7級地

3%

山口県 周南市

7級地

3%

香川県 高松市

7級地

3%

福岡県 北九州市、飯塚市、筑紫野市、古賀市

7級地

3%

長崎県 長崎市

その他

0%

その他の地域 その他の市区町村

介護サービス料金の自己負担額の計算例

例えば、東京23区内にある訪問介護事業所を利用して30分以上1時間未満の訪問介護での身体介護サービスを受けた場合の自己負担額とその他の地域にお住まいで同じサービスを利用した場合の自己負担額について計算しています。

 

東京23区は、1級地に該当しますから388×11.40円=4,423円(小数点以下切り捨て)×10%=442円が自己負担額になります。

 

ところが、その他地域にお住まいで、その他の地域にある事業所を利用した場合では、388×10円=3,880円×10%=388円が自己負担額です。

 

ということで、同じサービスを利用しても級地区分が設定されているので、全国一律ではなく差があるということです。
この事例では442円-388円=54円の差があります。
この金額は1回のサービスでの違いですが、月に8回利用した場合は432円違ってくることになります。

 

まとめ

介護保険サービスの料金計算は、介護報酬を基本としています。3年に一度見直しがされますので今年、2015年4月に見直しがされました。またこの介護報酬は、地域によって級地という区分があり、1〜7まで分けられていて、それぞれ割り増しになっているところがあります。

 

ですからお住まいの地域によって支払う介護の料金が違うということになります。特に東京23区は1級地なので割増率が高くなっています。

 

以上「2015年介護サービスの地域区分について掲載」でした。

 

該当カテゴリー:介護保険の基礎
関連カテゴリー:介護施設高齢者

 

関連ページ

介護保険制度のはじまり
介護保険制度のはじまりから目的、問題点、高齢化率の推移などについて解説しています
介護保険制度の仕組み
介護保険制度の仕組みを図解していますので財源構成やお金の流れがよくわかります
介護保険料の仕組み
介護保険料はどのような仕組みになっているのかがこのページで理解できます
介護保険料の計算
介護保険料の計算はどのようにして算出するのか。また公務員、サラリーマン、自営業で介護保険料はどのくらい違うのか比較してみました
要介護度別の限度額
介護保険には利用できる金額に限度があります。要支援1~要介護5までそれぞれ設定されています
介護保険サービスの種類
介護保険サービスにはどのよのうな種類があり、どういうサービスをおこなっているのか徹底解説しているまとめページです
介護保険対象外サービス
介護保険の対象にならないサービスにはどういうものがあるのか説明しています。対象外ですから全額自己負担になります。
介護保険の特定疾病とは
介護保険の特定疾病はどのような目的で指定され、どのような病気が指定されているのかが理解できます
高額介護サービス費とは
高額介護サービス費の仕組みや手続き、医療費との合算について解説しています
介護ベッドのレンタル料金
介護ベッドも介護保険を使ってレンタルができます。費用は1割負担ですが、料金はいくらなのか調べてみました
65歳以上の介護保険料
介護保険料は40歳から64歳までと65歳以上では保険料計算方法が違っています
介護保険制度のまとめ
介護保険制度の仕組みや相談窓口、介護認定、被保険者について、介護の原因などについて解説しています
介護の自己負担
介護保険の自己負担額について解説したページです
介護予防と原因
要介護の原因にはどのようなものがあるのかベスト5を掲載し、介護予防の取り組みと方法についても掲載しています
介護資格の種類
介護資格の種類もいろいろあります。以前あったホームヘルパー2級というのは廃止され介護職員初任者研修になっていますが、介護資格は他にどのようなものがあるのかについて解説しています
居宅介護支援費や特定事業所加算
2015年改正の居宅介護支援費、特定事業所加算・減算について解説しています
地域包括ケアシステムとは
地域包括ケアシステムの規定や推進重要ポイント、2025年問題などについて解説しています
高額介護合算制度とは
介護保険では自己負担を軽減する目的で、平成20年4月から高額医療・高額介護合算制度が設けられていますのでそれについての解説です
特定入所者介護サービス費とは
所得の低い人に居住費と食費については軽減策があります。これを特定入所者介護サービス費といいますが、このサービスについて掘り下げて解説しています。
介護保険料の推移
介護給付費と介護保険料の推移について解説したページです。介護保険が2000年に始まってから、介護給付費や介護保険料はどのように推移してきたのか表とグラフにしてみました
2015年介護報酬改定
このページで2015年の介護報酬改正でどういうサービスが上がったのか、または下がったのか大枠がつかめます。また今後特別養護老人ホームの経営がどう変化していくのかについての知識も得られます
介護保険料の減額・軽減
基本的には収入が減っても日本に在住している場合に介護保険料の免除という制度はありません。減免や軽減という制度になります。災害により住宅等に著しい損害を受けた場合や所得の減収による減免などが該当します
要支援認定とは?
要支援の判定方法や介護保険で利用できる限度額について解説したページです
区分支給限度の対象外費用
介護保険の区分支給限度基準額に含まれない費用、適用されないサービスについて解説
平成29年介護職員処遇改善加算について解説しています
平成29年改正によるの介護職員処遇改善加算について解説しています
福祉用具専門相談員とは
福祉用具専門相談員について解説
福祉用具プランナーとは
福祉用具プランナーの資格について
介護ベッドのレンタル
介護保険を使って介護ベッドをレンタルした場合の流れについて解説
ホームヘルプサービスとは
車いすのレンタル
介護保険を使って車いすをレンタルすることができます。その方法や料金について解説しています。