区分支給限度の対象外費用についての解説

このページは、区分支給限度額についての説明と区分支給限度額が適用されるサービスの種類、限度額適用されない費用について掲載しています。

 

区分支給限度額と対象外費用とサービス

区分支給限度額とは、要支援1から要介護5までの認定された方が介護保険サービスを利用する場合に上限がそれぞれ定められています。この上限額のことを区分支給限度額といいます。

 

ですから、ケアマネージャーはこの上限を念頭に居宅サービス計画を立てます。この上限を超えた分は、全額自己負担となります。

 

 

 

区分支給限度額に含まれない費用とサービスの表

限度額

限度額が適用されるサービス種類

限度額適用されない費用

 

 

 

 

 

要支援1

50,030円

要支援2

104,730円

要介護1

166,920円

要介護2

196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5

360,650円

 

 

訪問介護 特別地域加算/中山間地域等の小規模事業所加算/中山間地域等提供加算/介護職員処遇改善加算
訪問入浴介護
訪問看護 特別地域加算/中山間地域等の小規模事業所加算/中山間地域等提供加算/緊急時訪問看護加算/特別管理加算/ターミナルケア加算
訪問リハビリテーション 中山間地域等提供加算
通所介護 中山間地域等提供加算/介護職員処遇改善加算
通所リハビリテーション
福祉用具貸与 特別地域加算/中山間地域等の小規模事業所加算/中山間地域等提供加算
短期入所生活介護 介護職員処遇改善加算
短期入所療養介護 介護老人保健施設の緊急時施設療養費(緊急時治療管理・特定治療)と特別療養費/病院・診療所の特定診療費/介護職員処遇改善加算
特定施設入居者生活介護(短期利用に限る) 介護職員処遇改善加算
定期巡回・随時対応サービス 特別地域加算/中山間地域等の小規模事業所加算/中山間地域等提供加算/緊急時訪問看護加算/特別管理加算/ターミナルケア加算/介護職員処遇改善加算
夜間対応型・訪問介護 介護職員処遇改善加算
認知症対応型通所介護
小規模多機能型居宅介護 事業開始時支援加算/介護職員処遇改善加算
認知症対応型共同生活介護(短期利用に限る) 介護職員処遇改善加算
地域密着型特定施設入居者生活介護(短期利用に限る)
複合型サービス 事業開始時支援加算/緊急時訪問看護加算/特別管理加算/ターミナルケア加算/介護職員処遇改善加算
限度額が適用されないサービス ①居宅療養管理指導、②特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型を除く)(短期利用を除く)、③認知症対応型共同生活介護(短期利用を除く)、④地域密着型特定施設入居者生活介護(短期利用を除く)、⑤地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 

区分支給限度額の現状

社保審-介護給付費分科会・第103回(H26.6.25)より

 

受給者1人当たり平均費用額(円)

 

要支援1:22,900円
要支援2:41,960円
要介護1:75,800円
要介護2:104,560円
要介護3:156,700円
要介護4:190,490円
要介護5:233,080円