介護ベッドレンタルと料金について調べてみました

介護ベッドレンタルの仕組みについて

介護ベッドをレンタルすることは誰でも利用できますが、介護保険を使ってとなると、誰でもというわけにはいきません。そこでこのページでは、介護ベッドや介護用品のレンタルについての解説と要支援1・2、要介護1の方がレンタルできない介護用品について取り上げて解説していますのでご覧ください。

 

介護ベッドレンタルと料金について

介護ベッドなどの用品はレンタルすることができます。
しかも要介護2以上の方は介護保険を使ってレンタルすることができますので、通常の料金に比べて1割、または2割負担ですみます。

 

しかしながらレンタルをするにあたりいきなり業者に申し込んでも利用できませんので、どういう手順を踏んで介護ベッドをレンタルすることができるかその流れから見ていきましょう。

 

介護保険を使ってレンタルが利用できる方

介護保険が使えるのは、40歳以上になりますから、39歳以下の方は、対象外になり介護保険を使ってのレンタルはできません。

 

そして、40歳以上65歳未満の方は、介護保険で指定している特定疾患に該当し、尚且つ要介護認定されていることが条件になります。

 

ただし、要支援1・2、要介護1の方は基本的には介護ベッドはレンタルできません。要介護2以上の方は、居宅介護支援事業所と契約がすんでケアプランを作成していれば1割負担でレンタルすることができます。

 

65歳以上の方も、要介護2以上に認定され、なおかつ、上記同様に居宅介護支援事業所と契約し、ケアプランを作成していれば1割、または2割負担で介護ベッドをレンタルすることができます。
※平成27年8月から年収 280 万円以上(合計所得 160 万円以上)の人の介護保険の自己負担割合は1割から2割に引き上げられています。

 

要支援1・2、要介護1の方がレンタルできない介護用品

 

  • 車いすおよび車いす付属品
  • 介護ベッドおよび付属品
  • 床ずれ防止用具および体位変換器
  • 認知症老人徘徊感知器
  • 移動用リフト

※ ただし介護ベッドや車いす等は例外規定に該当する方は除きます。

 

介護ベッドのレンタルの流れ

上記に該当する方で気に入った介護ベッドが決まったならなば以下のような流れになります。

  1. ケアマネージャーに連絡をします
  2. 業者とレンタル契約を結びます
  3. 業者が指定の日時に訪問しベッドの組み立てを行います
  4. 使用上の注意や取扱い方法について説明を行います
  5. レンタル開始
  6. アフターサービス

 

介護ベッドレンタルの詳しい流れについてはこちらのページをご覧ください。

 

次の項目は介護ベッドの料金についてです。

介護ベッドの料金について

介護ベッドといっても様々な種類があります。購入する場合はメーカーによって値段もまちまちですが、下記の表のようにレンタルの場合は料金はほとんど差がありません。

 

レンタル料はベッドの料金だけですので、他に付属品となっているマットレスや床ずれ防止用具、サイドレールのレンタル料が別途必要になります。

 


 

メーカー名

商品名

リース料金

介護保険を利用した場合の料金目安

 

 

 

パラマウントベッド

 

 

 

樂匠(らくしょう)
Zシリーズ
2モーションタイプ

11,000円

1,100円

樂匠(らくしょう)
Zシリーズ
3モーションタイプ

13,000円

1,300円

樂匠(らくしょう)
Sシリーズ
2モータータイプ

11,000円

1,100円

樂匠(らくしょう)
Sシリーズ
3モータータイプ※らくらくモーション付き

13,000円

1,300円

 

 

フランスベッド

 

 

ヒューマンケアベッド

10,000円~

1,000円~

ヒューマンケアベッド・低床型

13,000円

1,300円

介護軽減 背上げらくベッド

13,000円

1,300円

アイシン精機 ジャスト ベルグランド~自立支援 マルチ機能タイプ~ KPL-63A

13,000円

1,300円

トランジー 優しい寝3モーター

12,000円

1,200円

 

※2モーター、3モーターについて
どの電動ベッドにもモーターが付いています。モーターには、1~4までありますが、介護で利用の場合2モーターか3モーターのベッドが主流になっています。2モーターは、背部の角度調節、背部と脚部連動しての角度調節、ベッドの高さ調節ができます。3モーターは、上記に加え、膝上げだけでも単独で可能になります。モーターが多い分細かい調節が可能になります。

 

介護ベッドの大きさについて

介護ベッドの床幅(マットレス幅)は、基本的に83cm、91cm、100cmの3種類です。長さについては180cm~205cmまであります。

 

マットレスや付属品について

一般的なマットレスや床ずれ予防のためのマットレスもあります。レンタル料金は2,000円~5,000円となっています。
付属品として、サイドレールや手すり、テーブルなどがあります。こちらもレンタル料が50円から500円くらいかかります。

まとめ

介護保険を利用して介護ベッドをレンタルする場合には、条件があります。
要介護2以上に認定され、なおかつ、居宅介護支援事業所と契約し、ケアプランを作成していることが必要です。

 

リース料金については、介護保険を利用することで月々1,000円から1,300円くらいが目安になります。
以上、介護ベッドレンタルと料金についてでした。

 

福祉用具についての関連ページ

福祉用具専門相談員とはどんな資格なの?
福祉用具プランナーとはどういう資格なのか教えてください

 

次のページは
65歳以上の介護保険料と計算方法について