要介護度によって利用できる限度額があります

このページでは、介護保険で様々用意されているサービスを利用するにあたって、要介護度によって限度額が決められています。その限度額について解説しています。

 

利用できる介護サービスは限度額があります

介護保険でそれぞれのサービスを利用するにあたって、要介護度によって限度額が決められています。
この限度額のことを区分支給限度基準額といいます。区分支給限度額を超えて利用した介護サービスの分は全額自己負担になります。

 

2015年(平成27年)4月現在

1単位というのは10円が原則になっていますが、地域やサービスの種類によって11.40円まで幅があります。以下は10円で計算しています。

 

区分支給限度基準額

 

居宅介護サービス費等及び介護予防サービス費においての限度基準額

 

要支援1
限度額(月額):5,003単位
1ヶ月あたりの利用限度額:50,030円

 

要支援2
限度額(月額):10,473単位
1ヶ月あたりの利用限度額:104,730円

 

要介護1
限度額(月額):16,692単位
1ヶ月あたりの利用限度額:166,920円

 

要介護2
限度額(月額):19,616単位
1ヶ月あたりの利用限度額:196,160円

 

要介護3
限度額(月額):26,931単位
1ヶ月あたりの利用限度額:269,310円

 

要介護4
限度額(月額):30,806単位
1ヶ月あたりの利用限度額:308,060円

 

要介護5
限度額(月額):36,065単位
1ヶ月あたりの利用限度額:360,650円

 

 

外部サービス利用型(介護予防)特定施設入居者生活介護に係る限度単位数

特定施設とは、有料老人ホーム、ケアハウス、養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅をいいます。
これらの特定施設において、ケアプラン作成はそこの職員が行い、実際の介護サービスは外部に委託する場合を外部サービス利用型といいます。

 

要支援1
限度額(月額):5,003単位
1ヶ月あたりの利用限度額:50,030円

 

要支援2
限度額(月額):10,473単位
1ヶ月あたりの利用限度額:104,730円

 

要介護1
限度額(月額):16,203単位
1ヶ月あたりの利用限度額:162,030円

 

要介護2
限度額(月額):18,149単位
1ヶ月あたりの利用限度額:181,490円

 

要介護3
限度額(月額):20,246単位
1ヶ月あたりの利用限度額:202,460円

 

要介護4
限度額(月額):22,192単位
1ヶ月あたりの利用限度額:221,920円

 

要介護5
限度額(月額):24,259単位
1ヶ月あたりの利用限度額:242,590円

介護サービス利用時の計算例

要介護2の人が次のような介護サービスを利用した時にどういう計算をするのか、また限度額との関係がどうなるのか見てみましょう。

  • 訪問介護生活援助サービス45分以上(昼間):週3回
  • 訪問看護サービス30分以上60分未満(深夜):週2回
  • デイサービス(通常規模):週1回

訪問介護の計算

236単位×週3回×4週=2,832単位・・・①

 

訪問看護の計算

830単位×週2回×4週=6,640単位・・・②

 

デイサービスの計算

817単位×週1回×4週=3,268単位・・・③

 

 

利用サービスの合計

①+②+③=12,740単位です。

 

要介護2の区分支給限度額は19,616単位ですから限度額の範囲内になります。この他に福祉用具の貸与もあればそれらも加算します。限度額を超過した分は全額自己負担になります。

 

種類支給限度基準額について

種類支給限度基準額という限度額もあります。
こちらは、市町村の判断になりますが、過疎地域で介護サービス事業者が少ない場合には提供できる介護サービスは限られてしまいます。

 

そのため、一部の人だけがサービスを利用し、公平にサービスが行き渡らなくなる可能性があります。

 

そこで、介護サービスの種類で支給限度を設定し、公平にサービスが行き渡るようにするというものです。

 

例として、要介護3の方は、区分支給限度基準額では、26,931単位まで利用できますが、種類支給限度基準額で12,000単位と設定した場合は、その単位を超えた分は自己負担になるということです。

 

以上が介護保険の利用限度額についてでした。