介護保険料計算と健康保険による介護保険料を比較

このページでは、共済組合、健康保険組合、協会けんぽ、国民健康保険などで介護保険料にどのような差があるのか比較してみました。

 

介護保険料を計算して比較してみました

65歳未満の介護保険料の計算は、各健康保険で違っているのはご存知でしょうか。
健康保険には、共済組合、健康保険組合、協会けんぽ、国民健康保険などがあります。
そこで、それぞれの健康保険からいくつかを抽出して介護保険料を比較してみました。

 

介護保険料率比較表

平成26年4月現在(単位:千分率)

被保険者

介護毎月分

介護ボーナス分

大阪府職員共済組合
(一般組合員)

7.0

5.6

公立学校共済組合

6.08

4.86

東京都市町村職員共済組合(一般組合員)

6.65

5.32

協会けんぽ(東京都)

8.6

8.6

民間放送健康保険組合

6.0

6.0

パナソニック健康保険組合

7.6

7.6

味の素健康保険組合 7.0 7.0
渋谷区国民健康保険 1.21%(所得割)+15,300円(均等割 なし
江戸川区国民健康保険 1.71%(所得割)+15,300円(均等割 なし
東京都東大和市国民健康保険 1.75%(所得割)+10,400円(均等割 なし

 

国民健康保険に加入している方は、所得割と均等割の合計が介護保険料になります。所得割とは所得に応じて支払う保険料。介護均等割額とは、国民健康保険に加入している40歳以上から64歳までの第2号被保険者の人数分に対して支払う分です。夫も妻も40歳以上ならば均等割額は2人分という計算になります。

 

 

 

実際の介護保険料の支払金額

それでは実際に負担している介護保険料を算出してみます。
条件は、本給を300,000円、期末手当(ボーナス)6月と12月の合計金額を600,000円とします。

 

大阪府職員
例として、料率は毎月は7.0/1000、ボーナス分は5.6/1000です。
300,000円×7.0÷1000=2,100円。期末手当については3,360円です。
年間介護保険料は、2,100円×12ヶ月=25,200円(年間)+3,360円(期末手当分)=年間28,560円です。

 

公立学校共済組合
給料については6.08/1000、期末手当については4.86/1000ですから、毎月は1,824円、ボーナス分は年間で2,916円、年間1,824円×12ヶ月=21,888円(年間)+2,916円(期末手当分)=年間24,804円です。

 

協会けんぽ
給料、ボーナスとも8.6/1000です。
毎月2,580円、ボーナス分5,160円。年間36,120円
 
江戸川区の国民健康保険に加入の場合
40歳以上の夫婦ふたりで国保に加入、年収480万円で計算。
年収から給与控除額- 国民健康保険の定める基礎控除額を引いて算出。年間81,387円

 

国民健康保険に加入している方は、共済や健康保険(任意継続は除く)と違い、事業主からの負担が半分ないのと、均等割額という人数分があるためだいぶ負担は多くなります。